人間の集中力って何歳くらいから下がると思いますか?

実は20歳過ぎたらどんどん下がっていくと言われていて

これは衝撃的ですよね。

20歳過ぎると人間の集中力は減っていくので

やっぱり若い時の方が集中しやすいように脳はできています。

これを聞くと、え⁉

じゃあもう自分40歳だからもう終わってると

思う方いらっしゃると思いますが集中力低下は対策をしてあげると

食い止められます。

そもそも

集中力がある状態って何でしょうか?

「いいアイデアが出るってこと?」

「雑念が入らない?」

でも、集中力の正体はハッキリと研究で解明されていないのが現状です。

例えば現在は集中力の検査として

計算や図形の問題に反応できたりすることが集中力が高いとされているが

検査で高い得点を取った人の脳の働きがどのように変化したのかは分からないです。

集中力はただの行動

「集中して勉強できる」

「集中して計算できる」

「集中して反応できる」

というように

集中した結果、頭の回転が早まっている状態が集中力が高いとされる

【アウトプット】でしか見れない

行動や試験の成績や仕事の量や質など

アウトプットしたもので判断するしかない。

とは言え、

歳を取って集中力が減る理由は

若い人よりも気が散りやすくなっているという研究もあります。

何かに集中する能力のことを集中力と言いますが

何かに注意をそらされない力を抑制力と言います。

この抑制力はどうやったら鍛えられるかというと、

まず一番大事なことは部屋を片付けることなんです。

当たり前のことですが、身の回りが散らかっていると注意を向けなくてはいけないものが増えてしまうのと、物があり過ぎて情報があり過ぎると気が散り目の前のことに集中できなくなりますよね。

だから年を取れば取るほど、物を減らし部屋を綺麗にすべきですよ。

出張先のホテルとかで仕事がはかどる時ありませんか?

あれも、自分の持ち物が最低限の環境になるので集中力が上がったりします。

運動後の集中力

運動すると集中力がアップするという話もよく聞きますが

人それぞれ体力や筋力が違うので朝30分の運動がイイと言われても

学生時代にマラソンをしていた人なら30分の運動では大した運動量にはならない

個人差があるので自分に適した運動量を適した時間やらないと脳が活性化しない

運動すると脳を活性化する物質が出るが

運動量が少ないと少ししか出ないので集中力を実感できるものにはならない。

逆に

運動し過ぎも良くない

身体が疲れると血液が筋肉へ行く、つまり頭より身体の筋肉を回復させようとする

頭より身体に血流を回すのでぼーっとしたり何もできない状態になります。

だから運動のしすぎは脳のパフォーマンスを下げるので、

ダイエット目的の人が疲れきるまでトレーニングするのは良いが

脳を活性化するには

2時間を超える運動は避けてください。

集中力を高めるには自分に適した運動量・運動時間・運動の種類があり

適度な運動はドーパミンやノルアドレナリンで記憶力が高まります。

最もオススメしたいのは

集中力を上げることよりも、

集中力が高い時間帯を上手に利用するという考え方が全ての人にはまる方法なので

自分の場合は夜の集中力が激減し睡魔に襲われるので朝早起きしてタスクをこなすようにしています。